株式投資を株主優待の視点から楽しんでいます

10年以上株式投資をしています。やり始めた当初は絶対儲けてやろう、と始めましたがなかなか思うように投資結果が出ることはありません。トータル的には負けていると感じられます。そんなことはないのでしょうが、自分の買った株式だけが下がっていったり、他の株式が上がるほど上がらなかったりと感じてしまっていました。このことは株式投資をしている人が良く感じていることのようです。

そして、何年か経って株式投資のやり方を変えてしまいました。それまでは株式投資をしていてもちっとも楽しくなく、それでも何か習慣的に続けているような感じになっていました。なので、楽しんでやる株式投資にしようと考えて、株主優待を中心に考える株式投資にしました。

それなら、少しくらい株価が下落しても、配当と株主優待があるので少し取りかえしている気分になり精神衛生上も良さそうです。そして、配当と株主優待をいただけてなおかつ株価が上昇すればこんなにいいこともありません。それに株主優待を中心にした株式投資では以前のように頻繁に売り買いを繰り返していたときと比べて、明らかに長期の投資行動の変わってきて、株価が気になって仕方がないという日々からも遠ざかっています。

そして、毎日のように株価とにらめっこして少しの上昇や下落に一喜一憂もしなくて済んでいます。そうしている内に、不思議なことに投資成績もそんなに悪くなくなってきています。やはり投資には心の余裕がなければ始まらないと言うのが私の感想であります。

投資のコツ:海外のFX業者に口座開設